魅了 / PEDALS JHS The ジェイエイチエスペダル【お取り寄せ商品】 [オーバードライブ] Timmons Andy AT-エフェクター

オタクの心をつかめ




JHS Pedals/Angry Charlieを基に改良された極上のオーバードライブ・ディストーションペダル!
トーンにこだわるプレイヤーから好評のJHS Pedalsのオーバードライブ/ディストーション「Angry Charlie」を基に、アンディ・ティモンズ氏の意見を取り入れて調整が加えられたモデルがこのThe ATです。
Volumeコントロールは全体のアウトプットレベルをコントロール、EQコントロールはローパスフィルタで、ペダルをダークなトーンからフルレンジのブライトなトーンまでナチュラルに可変することができます。Driveコントロールは全体のゲイン、歪みの強さを調整し、Airコントロールは、EQとは別のローパスフィルタで、このコントロールでは“High Treble”辺りの周波数だけをフォーカスします。これらのコントロールにより、The ATは様々なアンプに合わせて音色を調整することができます。特にEQコントロールにより、好みに合わせた音色を詳細にコントロール可能です。
さらに3ポジショントグルスイッチが付いていて、このHeadroomスイッチをダウンポジションにすると“50Wモード”となり、ミドルポジションで“100Wモード”、アップポジションでは“25Wモード”となります。
これは実際のチューブアンプに於ける出力の違いをシミュレートするもので、設定可能な最大音量が変化します。Volumeノブを最大に設定した状態では、100Wモードは最もラウド、50Wは中間、25Wは最も音量が低くなります。
100Wモードが最もラウドでクリーンな、フルパワーサウンドです。このモードでDriveノブを50%までに設定し、シングルコイルピックアップで音を出すと美しいオーバードライブトーンが出力されます。パンチがあり、ローエンドが豊かなトーンはオリジナルAngry Charlieでは作ることの出来なかったトーンです。50Wモードは全周波数帯でレスポンスの高いクランチ/ディストーションサウンドです。このモードは“800”などのクラシックブリティッシュゲインステージの音色に最適です。25Wモードは、最も激しいディストーションサウンドとなります。リッチな倍音、ミッドをエンハンスし、カッティングにも最適。ゲインの高いサウンドが必要なら、25Wモードです。
The ATは幅広いゲイン設定のできるペダルです。1台のペダルで4×12キャビネットのブリティッシュチューブアンプトーンが必要なら、このペダルがおすすめです。

JHS Pedals The ATはセンターマイナスDC9V~18Vのアダプターで駆動します。電池はお使いになれません。

※画像はサンプルです。
■保証:1年

UD20161006

。 ( 14" x 3" コンサート・ピッコロ M1430E ネイチャーウォルナット コンサートスネアドラム Pearl パール )が発売となりました。SBクリエイティブさんから出させていただいたこの本は、近年、より一般的になってきた「オタクコンテンツを使ったビジネス」と「オタク向けのビジネス」について書かせていただいたオタクビジネスの参考図書となっています。